循環器医療について

循環器科は、おもに心臓病や血管の病気の専門科です。高血圧、糖尿病、喫煙習慣、高脂血症、高尿酸血症、肥満等、循環器疾患のリスクの大きい方は、定期的な診察と指導を受けられることをお勧めします。

対象疾患

対象疾患として、高血圧症、狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈、心臓弁膜症、閉塞性動脈硬化症、深部静脈瘤・血栓等があり、これらの治療等と併せ、循環器疾患と関係の深い、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症等の治療等も行っています。

検査・治療について

心臓カテーテル検査とは?

心臓カテーテル検査とは、カテーテルといわれる医療用の柔らかい中空の管を経皮的に心血管に挿入し、造影剤による形態学的異常を検出したり、心臓内腔の圧力、酸素飽和度を測定し、血行動態を把握したりする検査です。

ホルター心電図とは?

ホルター心電図は、小型軽量の装置を身につけて、日常生活中の長時間の心電図を記録して、これを解析して観察する検査です。不整脈と冠動脈が痙攣する冠攣縮性狭心症は、労作と無関係に夜や早朝に多く見られます。このため、短時間の心電図検査や負荷心電図検査では診断がつきません。実生活の中で心電図を記録し続けるこの検査が重要となります。

トレッドミル運動負荷試験とは?

この検査は、坂道を登る・急ぎ足で歩くと言った日常生活の負荷中で現れる胸痛・動悸・息切れなどの症状を再現し、その時の心電図変化と血圧の変化をみて、運動中の心臓の状態を調べる検査です。心臓が悪くなると安静にしているときは症状がなくても、運動して心臓に負担がかかると不整脈や心筋に血液が十分に行かない状態(虚血といいます)が起こり、心電図に変化がでます。

冠動脈インターベンション(PCI)とは?

冠動脈インターベンションとは、身体に大きな傷を付けることなく、閉塞したり、狭くなった冠動脈を拡げるために行う治療です。手術は、足の付け根の大腿動脈、または腕の橈骨動脈や上腕動脈から「カテーテル」という細い管を入れ、冠動脈病変まですすめて治療を行います。 当院では国内でも最も細いカテーテルを使用した治療をおこなっています。

バルーン血管形成術(POBA)

先端に風船のようなものがついた管(バルーンカテーテル)を冠動脈の狭くなった部分に挿入し、そこで風船を膨らませることにより、血管を押し拡げる治療です。

冠動脈ステント留置術

ステントという小さな網目状の金属の筒を血管に留置することにより、狭くなった部分を筒が支えて、血管の中が拡がった状態を保持します。

組み合わせ治療術

「バルーン血管形成術」と「冠動脈ステント留置術」が同時に行われる場合もあります

ペースメーカー移植術・交換術とは?

脈が遅くなる(徐脈)ために、めまい・ふらつき・失神といった症状を有する方に、ペースメーカーの植込み術および交換術をおこなっています。

経皮的血管形成術(PTA)とは?

頚や下肢の血管のつまった部分や狭くなった部分を風船で拡張したり、ステントという網目状の金属の筒を血管に留置し、血流を確保する治療法です。

負担の少ないカテーテル治療

動脈硬化で心臓の血管がつまってしまうことを「心筋梗塞」、つまりかかったことを「狭心症」といいます。この状態を改善するには外科的につまりかかった部位を迂回して酸素を供給できるようにするバイパス手術か、このつまりをカテーテルで治療する方法(PCI)があります。

このカテーテル治療は40年以上前より日本に広まり、体への負担が少ないという利点により世界中の病院で積極的に行われております。40年前は9フレンチ(約3.0㎜)のカテーテルを用いての治療が主流で、足の付け根の動脈を介して行われていました。このため術後は長時間のベッド上安静を強いられ患者様は大きな苦痛を伴う治療でした。治療に用いる器具の進歩により徐々に用いるカテーテルは細くなってきました。この道具の進歩より、患者様の負担軽減になるようにと考案されたのが手首の動脈からの治療です。20年前の10月15日、日本で第一例が行われました。

現在では多くの施設が手首の動脈からの治療(TRI)が主流となっておりますが、20年前6フレンチ(約2.0㎜)のカテーテルで始まったこの方法は、現在でも多くの施設が6フレンチのカテーテル治療のままなのです。手首の動脈はとても細く、実は通常使用されている6フレンチというるサイズは通常の男性の2割・女性の4割の方々には太すぎます。太すぎるカテーテルを使用すると、動脈がつまってしまったり、痛みを感じたり、出血が多くなったりという欠点があります。私たちは、全ての患者さまに、もっと安全でもっと痛みの少ない治療を提供しようと、約7年前より”Slender Club Japan”という研究会を立ち上げました。カテーテルを細くするところから、この名前がつきました。

現在では、より体に優しく負担が少ないカテーテル治療をする分野では世界の最先端を走っています。私もその会の中心メンバーの一人でありこの細いカテーテル治療を指導する立場に長くいます。日常診療のモットーは「患者さまへ優しく負担が少ない治療」です。そのため、南九州では今までされていなかった、世界最細径の4フレンチというサイズで通常の治療はおこない、世界最細径の3フレンチ(約1.0mm径)で診断をいたします。非常に複雑な難しい治療でも、5フレンチという通常より細いカテーテルを使用していますが、治療の成功率はトップクラスにあると自負しております。このことが南九州の多くの施設に刺激となり、この治療が多くの施設で行えるようになれば、それが患者様の利益になると私は信じております。

皆様、下記2種類のカテーテルのどちらで治療してもらいたいですか?

ベテスダクリニック 理事長 菅 好文


診療実績

循環器科(H29年度実績)
心臓カテーテル検査 17,350件(814件)
経皮的冠動脈形成術 1,654件(45件)
経皮的冠動脈ステント留置術 3,384件(237件)
ペースメーカー移植術・交換術 1,489件(42件)
四肢血管拡張術・血栓術 177件(13件)